つけまつげ まつエク メリット デメリット

「つけま」と「まつエク」どっちがいいの?メリット・デメリット

「つけま」と「まつエク」どっちがいいの?メリット・デメリット

まつ毛を長く見せてくれるアイテムとして、つけまつげ派とまつ毛エクステ派に分かれると思います。
つけまとまつエクはどちらの方が良いのでしょうか?
メリットと、デメリットを紹介します

 

 

つけまつげのメリット

つけまつげはまつ毛エクステに比べると、
自分でなりたい目元を気軽に演出することができるので
とても便利です。

 

まつエクの様に、だんだん量が減って行ったりしないので、いつでもぱっちり目元になれます。
とにかく、目元の華やかさを重要視しているという人は、やっぱりつけまの方がおすすめですね。

 

毎日付け替えますから、メンテナンスは必要なくて、コストがあまりかからないのもメリットと言えるでしょう。

 

つけまつげのデメリット

つけまつげは、目元に接着剤をつけることと、取り外しをする際に、
目元に負担がかかるのが一番のデメリット
です。

 

つけまつげをずっと付けていると、まつ毛は大きなダメージを受けてしまいます。
まつ毛が抜けやすくなったり、接着剤で目元がかゆくなることもあります。

 

また、慣れるまでは、取り付けに手間がかかると感じる人も多いようですね。

 

まつエクのメリット

まつエクのメリットは、何と言っても毎日アイメイクをしなくても大丈夫というところです。
アイメイクにかかる時間を短縮できますし、まつ毛が長くなってすっぴんにも自信がついて
すっぴんでも外に出られるという人も居るみたいです。

 

つけまつげに比べて、ナチュラルにまつ毛を長くすることができるので
ナチュラル派には、おすすめです。

 

まつ毛エクステのデメリット

まつ毛エクステのデメリットは、コストとサロンに通う手間がかかることです。
また、まつ毛エクステをつける接着剤は目元に負担を与えます。
まつ毛エクステが取れるまで、ずっと接着剤がついている状態なので、ずっと負担を与えているということになりますね。